vs大宮  2-0で勝利!
前半ラインを押し上げて陣形をコンパクトに保ち
スペースを与えない大宮。そして積極的にプレスをかけてくる。
そんな相手になかなか決定的なチャンスを作れない浦和。
いや、浦和もよく動いていいfootballをしていたと思う。
そんななかトニーニョのミスからシトンがボールをかっさらってゴール!
後半はスペースが出来始めて、攻守の入れ替わりが激しい展開に。
終了間際には永井が足元に転がってきたボールをゴール左に流し込んで追加点。

終わってみれば10人になった浦和が2-0で勝利。
相手にはほとんど決定的な場面は作らせなかったと思う。
三浦監督の言うとおり「浦和は守備のチーム」なのかもしれない。

ただ、後半下がりすぎなんだよなぁ、もっと押し上げて中盤を自由にさせないで欲しい。
あと、攻撃に関してはもっとアイディア豊富に攻めて欲しいとも思う。

これから千葉・鹿島と難敵との対戦が続く。

都築の怪我が心配…

f0106802_263461.jpg

[PR]
by ma-sa417 | 2006-04-30 01:58 | 浦和レッズ