第13節 vs 新潟  1-2で負け
本日は後半からTV観戦しました。

終盤の怒涛の攻撃もむなしく1-2で敗戦。

しっかし走らなきゃダメよ、ダメダメ!!
戦術とかそんなのの前に走ってボール奪えよ。
そんで奪ったら相手のゴールめがけて走れよ。

この試合でいいところを強引に探してみると…
①達也が先発してフル出場、かなりいい動きを披露した。
②主審が家本にもかかわらず、警告がゼロだった。

こんなところでしょうか?

※新潟に行かれた皆さん、お疲れ様でした!



うーん、本当に優勝する気が、いやこの試合に勝つ気があったんだろうかねー。
正直監督の采配と言うか戦術もよくわからんし。
「自分達のサッカーが」っていうけどそれってどんなん??

ギドも限界かなぁ…。選手起用にも賛同できないよ。
結局使いたい選手を(特性をよく考えずに)ポジションにあてはめてる
だけって感じがするんですよ。

たしかにシトンとロビーが怪我、ハセが出場停止は厳しい。
でもそれはどこも一緒だし、言い訳にはできないよ。

まぁまだシーズンは半分以上残っているからね、
文句はそれからでも言えるか…。

これだけの選手を集めて、いい環境で練習できて、
ドイツまで行ってキャンプして、っていうチームは他にはないから。
それだけはよく理解して欲しい。

次の川崎戦は正念場、絶対に、絶対に負けちゃダメだ。
負けちゃダメじゃなくて、勝つ!
[PR]
by ma-sa417 | 2006-07-19 21:51 | 浦和レッズ