クロアチア戦  0-0のドロー
後半はスペースができノーガードの撃ち合い。
でも最終ラインの頑張り、及び決定力の無さで0-0。
2試合終了して勝点は1。

この後のブラジルvsオーストラリアの結果にもよるが、
残り試合の対戦相手をを考えると厳しい状況には変わりは無い。
クロアチア相手に引き分けたこと自体は大きいが、
この試合で勝点3を上積みしないと…。




ちょっと厳しいが…。
中田、川口のインタビューで「勝てる試合を落とした」と言っていたが…。
果たしてそうか??決定的なチャンス、相手ゴール前への進出度合いでは
明らかに負けていたと思うが??
ギドの言葉を借りれば「妥当な結果」だったと思う。


※おーい!! PRIDE OF URAWA の横断幕があったんだ!!
 もっとはやく気が付けばよかった~!
[PR]
by ma-sa417 | 2006-06-18 23:55 | football